ITO-TOWAのこと

ITO-TOWA

 

いととわ、と、読みます。

 

糸とは…糸と和…糸で永遠に好きなもの…etc…

常に自分に問いかけています。

 

活動の幅が広がる中で、伝統的には使われていない刺繍糸や絹糸などの糸遣いや、サンプラーとして飾る提案、ビーズやアクセサリー金具を合わせるなど、

ボビンレース+αなデザインが増えてきました。

そういった従来のボビンレース+αなスタイル提案をしていく上で、

自分なりのコンセプトをデザインのレーベルとして立ててみたくなり、

 

糸  永遠  和  輪

 

など、音から連想される様々なコンセプトが

自分にとってしっくりくるレーベル名をつけました。

 

ITO-TOWA style

 

あとで振り返ったときに、

そんなふうにスタイルとして見えていますように。

 

 

<バンシュの手法でデザインした、初めて発表した作品>

レースを織る女性を意味するフランス語をブレスレットに。

*

ITO-TOWAのプロジェクトでよく使用する

コットンパールやビーズに出会ったのは、このブレスレットを仕立てる過程で、

好みの金具が見つからなかったことがきっかけでした。

*

ベルギーのブルージュにあるKantcentrumが発行している

インターナショナルなレース専門誌『KANT』誌に2015年に掲載。

A4C387A2-61B7-4F44-877B-233436ECA0B8.jpeg